クリスマスSS 2016

 

 FIVEの覚者も人間だ。
 別に木の股から生まれて来る訳じゃあない。
 色んな覚者がいるが、『カミサマの声』新堂・明日香(CL2001534)は比較的平凡な家に生まれた覚者だった。
 決して裕福と言えない母子家庭ではあったが、母親は女手1つで明日香を育ててくれた。
「メリークリスマス、お母さん」
 明日香はこのクリスマス、母親と小さなパーティーを行った。FIVEに入りある程度の余裕もできたし、親孝行を兼ねたものだ。慎ましやかなものではあるが、こういう形でクリスマスを過ごすことが出来ることは、とても幸せなことだと感じている。
 話に上がるのは当然、ここ最近の明日香の暮らし向きである。
 気の強い母は言葉の上でこそ世間話のような聞き方だが、言外に明日香の様子を心配していることが伝わってくる。
「FIVEでのお仕事ね。色々、大変だけど、やりがいもあるよ」
 その言葉に偽りはない。様々な事件に関わって、楽な仕事でないことは分かっている。だけど、同時に得るものだってあった。
 「救うこと」の意味はまだ分かっていないけど。
「友達も出来たんだ。面白い子とか、優しいお姉さんとか」
 その言葉に、母は一番喜んだように見えた。母親の立場としてはそこが一番気になるところだったのだろう。
 血は水より濃いと昔から言われている。
 その大事な家族と、過ごすクリスマスは静かに静かに流れていった。

●発注キャラクター●
新堂・明日香


担当ST:KSK
イラスト:あにゅ