クリスマスSS 2016

 

 例年にない大雪に見舞われた、この年のクリスマス。
 酒々井・千歳と水瀬 冬佳は、デートのために街へと繰り出していた。
 彼らが住む五麟市には雪は絶え間なく降り、千歳と冬佳は二人で一つの傘に。
 「寒いね」と言いながら身を寄せ合えば、お互いに触れている方の腕がほんのり温かくなっていく。
 言葉がなくても伝わる温かい気持ち。
 しんしんと降り続く雪は、さながら二人の気持ちのように降り積もり、溶け合い……。
 いつしか冬佳は腕を、千歳の腕に回していた。
「よく、降るな」
「うん……」

 二人が五麟学園の前まで戻って来ると、TV局の取材班が門の前にいた。
「何だあれ」
 そう思う間もなく千歳にマイクが差し出された。
 そして受けたのは、大雪の中でのデートは大変ではないかとの質問。
 冬佳は、突然のことに恥ずかしそうに頬を染めながらも、必死に平静を保っている。
 対して、千歳は涼やかな顔で答えた。
「恋人といる時の雪って、特別な気分に浸れて、俺は好きですよ」
 
 そう言って、優しい視線を恋人へと向ける千歳。
 その視線を紫の瞳で受け止める冬佳。

 二人の仲睦まじい様子に、インタビューは早々に切り上げられた。
 そしてまた、雪は二人の上に降り注ぐ……。

●発注キャラクター●
酒々井・千歳
水瀬 冬佳

担当ST:mokona*
イラスト:たぢまよしかづ