クリスマスSS 2016

 

 クリスマスの夜は、ちょっとドキドキの空中散歩。
 眼下には夜景が広がり、顔を上げれば冬の星々が煌めいていた。
「ふふ。こうして空の上から見る夜景は綺麗ですね」
 白い羽を広げた十夜 八重に、切裂 ジャックはお姫さま抱っこされていた。
 触れるか触れないかといった感じに腕を回しているジャックに、
「……もっと、ぎゅーってしがみついても大丈夫ですよ?」
と、八重がからかうように言った。
「い、いや……。なんか女の子触んのって、罪悪感あんねんけど……。でも落ちるのも嫌やしな。ごめんな!!」
 そんなジャックの様子ににこにこしながら、八重はさらに彼をからかう。
「あ、あれ、見てください。……と、この状態で指差すのは無謀でしたね」
「はは……。安全飛行でたのむー……」
 空の上では、そんなやり取りすら楽しくて。

「ありがとう、八重。お前のおかげで素敵なクリスマスや。あの光全部集めて、八重にプレゼントしたいくらいやわ」
「そう言ってもらえると、私も誘ったかいがありました。あのキラキラ、ひとり占めはもったいないので、分けっこしましょうね」

 煌めく光のひとつひとつが、お互いへのプレゼント。

 いつまでも飛んでいたい。
 そんなクリスマスの夜だった。

●発注キャラクター●
切裂 ジャック
十夜 八重

担当ST:mokona*
イラスト:Izm: