クリスマスSS 2016

 

 骨付きチキンが焼ける、美味しそうな匂い。もうお腹がペコペコ。
「もうすぐ焼きあがるからね」
 宇賀神・慈雨は天原・晃の耳に優しくささやいてから、窓辺へ行って雪景色を眺めた。
 窓の外の空は晴れて、澄みわたっている。天気予報では今夜は雪になると言っていたが、いまのところ青い空のどこにも雲は浮かんでいない。
 冷たい窓ガラスに指をあてて、ふるり、と体を震わせた。
 後ろから晃の足音が近づいてきた。腰に腕が回され、慈雨は自分の体が晃にもたれかかるのを感じた。ふたり重なったまま、ベッドにすとんと腰から落ちる。
「な、なに?」
 晃は慈雨の頭のてっペんに顎をのせた。
「寒そうだったから……」
 体に触れる晃の手、後ろから抱き寄せる腕。頭に感じる吐息に胸が高鳴る。
 左手のリビングルームには輝くクリスマスツリーがあった。きらきらと輝く電飾と金の玉の横に置かれた姿見に、頬を赤くした自分の姿を見つけて、ますます胸の鼓動が激しくなる。
 鏡の中の晃と目があった。
「メリークリスマス、慈雨……」
 焼き上がりを知らせるレンジの音に掻き消されてしまったのか。続く言葉に音はなく、鏡の中で晃の口だけが動き続けていた。
 大丈夫。それでも気持ちは伝わったから。ちゃんと受け取ったから。
「……私もよ。メリークリスマス、晃」

●発注キャラクター●
天原・晃
宇賀神・慈雨

担当ST:そうすけ
イラスト:ちさ