クリスマスSS 2016

 

 とある繁華街の雑居ビル、其の2階に居を構える八重霞探偵社。
 革張りソファーと黒壇の机など、事務所というより洋館のような、アンティークな場所。
 主である頼蔵は黒の三つ揃えにジャケットは無し、タイを緩め、シャツの第一ボタンも外していた。
 机の上には二人用のケーキや、クリスマスらしい赤ワインのボトルなどが並んでいて。それらを持ちこんだフィオナの讃美歌が、優しく室内を満たす。
(天堂君、普段とどこか違うな)
 頼蔵は赤ワインが注がれたグラスを手にソファーに深く腰掛けて寛ぎ、悪党が品定めしているようなちょっと悪い微笑を浮かべていた。
 向かい合うフィオナはケープを着用していて、手にしたキャンドルの炎が揺れる。髪を下ろしたせいだろうか。いつもより少女は儚い雰囲気を身に纏う。
(貴方に幸せがありますように……)
 祈るように。
 願うように。
 届くように。
 恩人への思いを込めた英語の歌詞が弾けては消えた。
 普段は元気なフィオナの、少ししおらしいクリスマス。
 歌に籠められた真摯な思いに、向けるべき人を間違っていると思いつつも頼蔵はグラスを傾けて『悪くない』と愉しんだ。

●発注キャラクター●
天堂・フィオナ
八重霞 頼蔵

担当ST:睦月師走
イラスト:那紀