クリスマスSS 2016

 

 窓の向こうは、もう夜空。
 クリスマスらしい装飾に飾られた室内。
 開かれているパーティーが盛り上がるなか、部屋の片隅で椿と鈴鳴の二人は椅子に座っていた。
「すーすー……」
 鈴鳴は、椿を抱きしめるようにもたれかかって眠っている。
 滑らかな金糸の髪。
 外見は実年齢よりやや幼く、ハーフアップにした髪型も可愛らしい。
 まだまだ未熟な肢体を、桃色の華やかなドレスで包み飾っていて。その素直な寝顔は天使と見紛いたくなる。
「鈴鳴さん、楽しみで疲れて眠ってしまったみたいですね」
 椿は黒髪を編み込みでアップにし、青のパーティードレスを身に纏っていた。
 隣に座る鈴鳴を支えるようにすると、そっと微笑んで小さな相手の身体をこちらも抱きしめてみる。
 柔らかくて、温かくて、今にも壊れてしまいそうで。
 喧噪のクリスマスパーティーにおいて、ここだけ時計の針がゆっくり優しく動いているような。
 特別な日の特別な時間。
「……」
 微かな寝息が、はっきりと聞こえてくる。
 どんな夢を見ているのだろう。願わくば、聖夜に相応しい幸せな夢を。
「起こすのも、可哀想ですし」
 もう少し、このままで……。
 二人の青の羽と、白の羽が静かに触れあい。微かに揺れた。

●発注キャラクター●
三島 椿
守衛野 鈴鳴

担当ST:睦月師走
イラスト:那紀