クリスマスSS 2016

 

 クリスマス用に飾り付けられたリビング。
 室内の照明は蝋燭のみで、ほんのり暗め。恭司と燐花は2人掛けのソファーに横並びに座り、お互いの方を向いてお喋り中だ。
「いつものリビングも、蝋燭に照らされると別の場所みたいです」
 燐花は頭の上の猫耳を僅かにひくひくと動かす。
 白のシャツに淡いピンクのロングカーディガン、下は黒のホットパンツ姿で。穏やかにほほ笑みながら相手を見上げた。
 淡く照らされた彼女の横顔は、本当に楽しそうだ。
「そうだねぇ……同じ部屋なのに、どこか幻想的だよね」
 恭司は濃い目の灰色セーターに白のシャツ、青のジーンズという出で立ち。手にはシャンパンが入ったグラスを持っている。
 傍らのテーブルにはケーキや飲み物が置かれていた。
 並んだ御馳走に、いつもとちょっと違う甘い雰囲気。
 アルコールじゃない別のものに酔っていまいそう。
 お互いに相手を大事に思っているけれども、恋愛とは違う微妙な関係。
「なんだか、この後眠るのが勿体無く感じてしまいますね」
「ちゃんと寝ないと、サンタはやって来ないよ?」
 軽く恭司が笑えば。
 燐花もつられる。
 サンタクロースには来て欲しいけれど。
 やっぱり出番は、まだもう少し後に延ばしてもらうことになっちゃいそう……

●発注キャラクター●
柳 燐花
蘇我島 恭司

担当ST:睦月師走
イラスト:那紀